Mobility Experience (MX) Conceptsモビリティエクスペリエンスコンセプト

Mobility Experience [MX]

自動車市場は100年に一度といわれる大変革期を迎えています。
トヨタ紡織はCASE(※1)やMaaS(※2)などの技術の進化と、自動車の消費者価値の変化に対応するため技術開発を進めています。 例えば、来たる自動走行技術を予想し、インテリジェントコンシェルジュのようにタイムリーな快適機能を自律的に提供するADAS(※3)車レベル3・4のMX191(※4)と、さまざまなサービスのために適切な空間に切り替えることができるMOOX(※5)を提案しました。モビリティ空間における新しい価値の創造をリードしている私たちは、将来のパワートレインの進化、すなわちBEV(電池式EV)とFCEV(水素燃料電池EV)などに対応する、最も効率的で適切な機能の車室空間も同様に検討しています。

自動車市場の転換

  • ※1Connected, Autonomous, Shared, Electric:コネクティッド・自動運転・シェアリング・電動化
  • ※2Mobility as a Service:マイカー以外のすべての交通手段によるモビリティー(移動)を1つのサービスとしてとらえ、シームレスにつなぐ、新たな「移動」の概念
  • ※3Advanced Driver Assistance System
  • ※4MXはMobility Experienceの略。自動運転レベル3・4を想定した車室空間モデル
  • ※5MOOXはMobileとBoxを合わせ、移動時間を自在に活用できる個室を意味する造語。さまざまなサービスでの空間活用を想定したコンセプト自動運転車両

Mobility Experience [MX] Concept Models

トヨタ紡織は、利用者価値がモノから体験価値に変わる社会を予測し、人間中心のイノベーションで生み出した車室空間のコンセプトを実現可能なモデルとして具現化し、さまざまな場所で公開しています。 “MX221”と“MOOX”はCES 2022で公開されます。 上記のほか、“MX191”はCES 2022トヨタ紡織 特設サイトで、 “ACES”および“TFAS”はこの技術サイトでご確認いただけます。

  • TFAS 変幻自在なコンパクトモビリティ空間
  • MOOX3.0 X-ON-WHEELS 多様なサービスに対応する着せ替え空間
  • ACES 人を見守り、寄り添う空間
  • MX191 INTELLIGENT CONCIERGE 常に見守り、移動が楽しくなる空間
  • MX221 DIVERSATILITY 多様なユーザーに合わせ可能性をもつ空間

Concept Models

車室内の人の状態を読み取り、五感制御による状態誘導で安心・快適を提供。
人の状態を常に見守り、寄り添う空間です。

車室内でできる“コト”が増える“変幻自在”なコンパクトモビリティ空間。
パーソナルから4名乗車まで対応し、乗車中のさまざまなアクティビティに最適なレイアウトを提供しています。

ACESConcept

人の状態を常に見守り安心・安全を満たし変幻自在にあなたに寄り添っていく空間

自動運転レベル4を想定した車室空間モデル。内装やシートで乗員の生体情報を検知して眠気や感情を推定する技術や、状況に応じて音楽や光などで人の五感を刺激し、乗員一人ひとりに安心・快適を提供する技術を搭載しています。

  • ACES:Active Comfort Engaging Space
ACESはCES 2019で公開しました。「人の状態を常に見守り、安全・安心を満たし、変幻自在に人に寄り添う空間」は、さらなる進化を経てMX191やMX221ほかに応用されています。

TFAS Concept

クルマの使われ方が多様化する自動運転レベル4・5時代に向けて、車室内でできる“コト”が増える“変幻自在”なコンパクトモビリティ空間。パーソナルから4名乗車まで対応し、乗車中のさまざまなアクティビティに最適なレイアウトを提供します。

  • TFAS:Tailored Flexible Autonomous Space

当サイトでは、お客さまの利便性向上のために、Cookieまたは類似の技術を使用しています。収集されたデータの使用方法の詳細については、プライバシーとCookieポリシーをご確認ください。