Industrial Designインダストリアルデザイン

トヨタ紡織デザインでは、自動車、鉄道、航空機など、多様なモビリティのインテリアをデザインしています。 トヨタやレクサス向け量産モデルのシート、内装トリムのデザインから、将来のビジョンを示すコンセプトカーのデザインに至るまで、現在、そして将来のお客さまに向けた革新的なデザインを創造し続けています。

Capability

量産デザイン

トヨタ・レクサスをはじめとする量産車種のシート・トリムなど内装部品のデザイン

先行デザイン

コンセプトカーの室内デザイン開発をはじめ、これからの社会を見据えた新たな価値の具現化

CMFデザイン(※)

お客さまの目や手が最初に触れる、製品のカラー・素材・フィニッシュをトータルデザイン

  • CMF:Color, Material and Finish

ビジュアライゼーション

デザイナーが思い描いたアイデアやカタチを最新の3Dツールを使ってデジタル空間に視覚化

モデリング

デザインを立体で表現し、研鑽(けんさん)を重ねたモデラーたちの手により美しい立体・サーフェスを追及

プロトタイピング

スタイリングの美しさと、使いやすさや機能までを実装したプロトタイプを制作

Studio Locations

  • 1.日本トヨタ紡織デザイン部
    〒470-0395 愛知県豊田市亀首町金山88番地
  • 2.イタリアミラノデザインブランチ
    Via Morimondo 26, 20143 Milano
  • 3.中国豊田紡織(中国)有限公司
    R&Dデザイン
    200131 上海市浦東新区外高橋意威路169号 〈中国(上海)自由貿易試験区内〉
  • 4.アメリカシリコンバレーイノベーションハブ
    101 Metro Drive, Suite 370 San Jose, California 95110

Concepts

人を中心に、常に人の状態に合わせて変化する内装。
人とクルマが繋がることで、全く新しい移動空間を体験できます。

630個のブロックで構成された座面が、体に合わせ有機的に変化。
シート埋め込みセンサーにより呼吸を検知し、クルマとシンクロすることで起動します。

  • VODY:VOID(空間)とBODYを合わせ、人と繋がることで完成する空間を意味する造語

CLOUD CAPSULE CONCEPTAVIATION CONCEPT FOR CRYSTAL CABIN AWARD 2021

「クラウドカプセル」は、日本のカプセルホテルから着想し、エコノミークラスのお客さまがより安全かつ快適にフライトを楽しむことができるよう、窓際の座席の上にカプセルベッドを備え、独自のプライベートスペースを提供します。カプセルは航空機が巡航高度にあるときに利用でき、エコノミークラス席に加えて追加購入できるため、長時間のフライトでより寛いだ体験を選択できます。 頭上の荷物スペースの不足を補うため、座席は高めの位置に設定されており、機内持ち込み手荷物を座席下に収納することができます。

POSITIVELY ECONOMY CONCEPTAVIATION CONCEPT FOR CRYSTAL CABIN AWARD 2021

「ポジティブリーエコノミー」は、一つの客室に3つのサービスクラスを配置した提案です。窓側にはエコノミークラス座席、中央にはプライベート性の高いプレミアムエコノミーとプレミアムエコノミープラス座席を配置し、プレミアム席全席が通路に面したレイアウトです。そのほかにも客室業務の効率化やサービスの迅速化を目指し、プレミアムプラス席への機内食の配膳はロボットが行うなど、近未来を想像させる提案も織り込まれています。

LAYERED RHOMBUS CONCEPTAVIATION CONCEPT FOR CRYSTAL CABIN AWARD 2021

「レイヤードロンバス」は、効率的に配置されたエコノミーとプレミアムエコノミークラスによって、お客さまにプレミアムなフライト体験を提供するコンセプトです。キャビン中央のプレミアムエコノミー席は互いに斜めを向いた4席セットのモジュールで構成されており、キャビンのサイズに応じて柔軟に配置可能。新しい座席配置によって、プライベートな空間を提供しつつ、通路へのアクセスを確保しています。また、中央のパーティションは柔軟に可変し、さまざまなユーザー体験を実現しています。

当サイトでは、お客さまの利便性向上のために、Cookieまたは類似の技術を使用しています。収集されたデータの使用方法の詳細については、プライバシーとCookieポリシーをご確認ください。